メインイメージ

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」ゆかりの地 宮津 天橋立

明智光秀の娘・細川ガラシャが愛した街

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は明智光秀。
本能寺の変で「逆賊」として描かれることが多い光秀にスポットライトが当たるのはとても興味深いことです。

実はマリントピアリゾート、天橋立離宮 星音のあるここ京都府宮津市は、
光秀の娘である玉(のちの細川ガラシャ)にゆかりの深い街であったことをご存知でしょうか。
もともと宮津市は信長の命により細川藤孝・忠興父子が築いた城下町。
16歳の時に忠興に嫁いだガラシャは、2年の時を宮津の地で過ごしました。
そんな細川ガラシャの波乱の生涯に思いをはせながら、ゆかりの地をご案内いたします。

■父・明智光秀と最後に会った別れの地「天橋立」

京都府宮津市といえば、日本三景の一つ「天橋立」で知られるところ。
ガラシャにとって天橋立は父・光秀と最後に会った別れの地となりました。
光秀が本能寺の変を起こしたのは1582年。
その前年に、藤孝・忠興父子が催した茶会に光秀が招かれ、天橋立を見学したと言われています。
このとき光秀は信長を討つことを決めていたのでしょうか?
ガラシャは最後に父とどんな会話を交わしたのでしょうか?
そんなことを思うと、美しい景色の見え方が少し違ってくるかもしれません。

<傘松公園>
住所:京都府宮津市字大垣75
TEL:0772-27-0032
営業時間:8:00~16:30(期間によって営業時間が異なる)
アクセス:京都丹後鉄道「天橋立駅」から路線バスにて約25分(「傘松ケーブル下停」下車)または観光船12分(天橋立桟橋~一の宮桟橋)+徒歩で約5分

<天橋立ビューランド>
住所:京都府宮津市字文珠437
TEL:0772-22-1000
営業時間:9:00~17:00(期間によって営業時間が異なる)
アクセス:京都丹後鉄道「天橋立駅」から徒歩約5分

■明智光秀の首塚がある「盛林寺」

光秀は、本能寺の変後わずか8日間で中国地方から引き返した豊臣秀吉軍に敗れ
坂本城に戻る道すがら、落ち武者狩りに遭い命を落とします。
光秀の首はいったん本能寺にさらされますが、その後秀吉によりガラシャのもとへ届けられ
盛林寺で供養されたと伝えられています。
盛林寺内の墓地には光秀の首塚があります。

<盛林寺>
住所:京都府宮津市字喜多969
TEL:0772-22-4481
アクセス:京都丹後鉄道「喜多駅」から徒歩約7分

■ガラシャの没後300年後に建立された「カトリック宮津教会」

本能寺の変で「謀反人の娘」となったガラシャ。
もちろん、彼女の運命が暗転したのは言うまでもありません。
ガラシャをこよなく愛した夫の忠興は、表向きは離縁したことにしてガラシャを丹後の国の味土野(みどの)、現在の京都府京丹後市へ幽閉しました。
ガラシャがキリスト教に関心を持つようになったのは、この時期だと言われております。

約3年後に、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)の計らいで幽閉を解かれたガラシャは宮津へと戻り、その後大阪玉造にある細川屋敷に移り住みます。ガラシャは大阪に移った後も、丹後の地にカトリックの布教を計画し、教会の建立を願っていたと言われています。
その願いは、自らの死後300年後に叶うことになります。

1896年に建立された宮津教会は、木造畳敷きという全国的にも珍しい和洋折衷のスタイルで、現在もミサが行われている教会としては、日本で2番目に古いものとなります。


<カトリック宮津教会>
住所:京都府宮津市字宮本500
TEL:0772-22-3127
アクセス:京都丹後鉄道「宮津駅」から徒歩約8分
※2020年現在修復工事中のため、外観のみ見学可

■宮津の人々の幸せを祈る「細川ガラシャ像」

時は1600年、天下分け目の戦いとなった関ヶ原の合戦の際、ガラシャは敵将石田三成の人質になることを拒み、玉造の屋敷に自ら火を放ち、38年の生涯を終えました。
時代に翻弄され、数々の苦難を味わったガラシャ。
その生涯の中で、宮津で暮らした2年間は唯一心穏やかに過ごした幸せな時間だったのではないでしょうか。
それが宮津の地に愛着をもっていたと言われる所以なのかもしれません。

そんなガラシャの姿は、生誕450年を記念して大手川広場に建てられた細川ガラシャ像に見ることができます。
自らの居城であった宮津城を眺め、細川家と宮津の人々の幸せを祈る姿が表現されています。


<細川ガラシャ像>
住所:京都府宮津市字柳縄手 大手川ふれあい広場(宮津市役所横)
TEL:0772-45-1625
アクセス:京都丹後鉄道「宮津駅」より徒歩約7分


マリントピアリゾートにお越しの際は、彼女の思いがつまった宮津の地をぜひゆっくりと散策してみてください。

イメージ01

※掲載写真はイメージです

特別室
天 -そら-

タオル類はオーガニックコットンで有名な「ヒポポタマス」を専用に導入。

プレミアムルーム
星 -ほし-

シモンズの分厚いマットレスで宙に浮いているような優しい寝心地。

音 -おと-

「Vitra」、「FritzHansen」などの有名ブランドの色鮮やかなこだわりのデザイン家具を導入。

スタンダードルーム
海 -うみ-

「カールハンセン&サン」のソファー、ラウンジチェアなどを導入。

彩 -いろ-

「TAKAYAMA WOOD WORKS」、「ハンス・J・ウェグナー」の人気家具を導入。

汀 -みぎわ-

飛騨高山の職人の家具に、ファブリックメーカー「BUTE」の張地を使用。手仕事の美しさが際立つ家具です

渚 -なぎさ-

日本のラタンの曲線が美しい家具と「カールハンセン&サン」のコロニアルチェアを合わせたお部屋。

姉妹施設

宿泊予約Reserve

0800-200-9887

受付時間:AM9:00〜PM6:00

webご予約はこちら